院長の日々研鑽!

院長の日々研鑽!

コールドポリペクトミーについて

コールドポリペクトミー(cold snare polypectomy、以下CSP)はここ数年で普及してきたポリープ切除の方法です。

従来のポリープ切除の方法は、ポリープを生理食塩水で大腸粘膜から持ち上げて、スネアという針金のような輪っかをポリープに引っ掛けて高周波の電流で焼き切る方法でした。

CSPはポリープにそのままスネアを引っ掛けて引きちぎる方法です。

この方法だと出血や穿孔(腸に穴があく)のリスクが軽減されるとの報告が多数あります。

先日の内視鏡の研究会でも多数の施設で穿孔例は経験されていないとの報告がありました。

これには従来の高周波であれば、そのまま焼き切るので筋層(大腸は粘膜層、筋層、漿膜という層構造になっています)まで引っ掛かっても分からないまま焼き切る事が可能だが、CSPだと筋層まで引っ掛けるとまず引きちぎる事が出来ないので結果的に穿孔は起こりにくいのではないかという意見がありました。

(筋層まで切除してしまいますと穿孔のリスクが高くなります)

CSPの適応は10mmまでのポリープで形も隆起しているような取りやすいものとなります。

それ以外のポリープは従来通りの方法で切除します。

当院のように入院施設のないクリニックでは、出血や穿孔などの偶発症に対して非常に気を使いますので、CSPは非常に簡便で安全な方法であり、当院でも積極的に行っています。

ただ注意点もあります。

微小なポリープの取り残しがあった場合、通常の焼き切る方法では周囲の組織は焼く事で消失してしまうのですが、CSPの場合は生切りになるのでそのまま残ってしまう可能性があります。

当院では切除後に拡大カメラで観察する事で極力取り残しがないように努めています。

CSPはこれからもどんどん普及していく方法だと思いますが、それ故慎重さも求められるでしょう。

2016年02月24日

一覧に戻る


  • ご予約はこちら
  • 問診票ダウンロード
  • 医療機関の方へ
  • 院長の日々研鑽

診療時間

  • 大阪府枚方市牧野阪2丁目3-11-1 ふしたにクリニック
  • 詳しくはこちら

〒573-1146
大阪府枚方市牧野阪2丁目3-11-1

TEL.072-845-5020

  • 京阪電鉄本線「牧野駅」
    2番出口よりより すぐ

このページの先頭へ